風俗の求人面接では話し方に気をつけたい

風俗店の求人面接というのは、とにかく話し方に気をつけることが大事です。
完璧にしなくても良いですから、頑張ってちゃんと話そうとしていることが伝わることが大事です。
それでは、この話し方について知っておいて欲しいことを紹介します。

敬語はチェックされる

厳密に細かく・・・というわけではないのですが、敬語についてはしっかりとチェックされます。
面接官に対して、不快感を与えることがないかどうかというのも見られます。
それから、質問に対しての受け答えがしっかりできるかどうかも見られます。
話すのに慣れていないという場合でも、必死でも何でも返答使用としているかどうかというのは見てもらえますから安心です。
敬語を使えない、ちゃんと受け答えが出来ないという子は採用されない可能性が高まります。

接客業だから

これは、風俗が接客業であるからというのが全てです。
最低限の敬語が備わっていないと話になりません。
もちろん、中には敬語なんて要らないというお客さんもいるかもしれませんが、挨拶も何も出来ないようでは話になりませんし、接客スキルの中には話術も含まれるわけですから、それが出来ないと言うのはある意味致命的なのです。
それに、話し方は一朝一夕で身につくようなものでもありません。

activist_00493493

自分が上と思っていないか

これはある意味では致命的な勘違いです。
風俗店では女の子の方が立場が上であると思っている女の子がいますが、そういう子はまず採用はされません。
確かに風俗店は女の子がいなければ成り立たないわけですから、女の子は大事にする傾向があります。
しかし、それを女の子の方が権力があると勘違いしてしまうことがいけないのです。
スタッフや周りの人たちの力があってこそ快適に働くことが出来るわけですから、決して一人で仕事をしているわけではないということを理解していなければならないのです。
だからこそ、言葉使いなどのチェックが厳しく入るわけです。

実は話し方ひとつで面接官が受ける印象は大きく変わります。
印象をしっかりと良いものにするためにも、話し方には十分に気をつけておきたいものです。
よろしくお願いします、ありがとうございましたということだけでもちゃんと言えるようにするだけでも全く好感度は異なってきます。
色んな大事なことがありますが、話し方というのはどの場面でも本当に大事なものです。
合格して働くためにもしっかりと意識して面接に挑むようにしたいものです。